手書きの手紙が当たり前

皆さん、手紙を書くときには手書きで書いていますか?近年ではパソコンの発達によって、ワープロで文章を打てばそのまま手紙に出来ます。手紙のやり取りをする機会はあらゆる時にあります。日常会話のほとんどはメールで済ましていたとしても、心が伝わるのは手紙です。結婚の報告や結婚式の招待状を送る時には、パソコンを使用して大量作成しますが、あえて手紙にして手書きで送ることで喜ばれます。もし、応援の手紙や心配して送られてきた手紙がワープロで打たれたものであればがっかりしませんか?そういう気持ちがあって送ってもらった手紙でも、ワープロの決まった形の文字が並べられていれば、応援や心配をしてもらっているのかわからなくなります。手書きで送ることが当たり前であり、送る相手のことを考えているのであれば、時間が無くても頑張って手書きで送ることが大切です。また、仕事がひと段落したときに、取引先で仲良くなった人に心を込めて文章を送ることも大切です。何か一言でもメッセージが書かれていれば次の取り引きにも繋がります。長々しく文章を書くことがいいのではなく、いかにして気持ちを伝えるかが大切です。また、昔のように筆で書く必要もありません。堅苦しい内容ではなく、思い切って想いを伝える気持ちで、自分の言葉で書くことが大切です。また、黒のボールペンではなく青の太めのマジックで書いても想いが伝わりやすいです。何か飾りを付けてもオシャレです。基本的にはお菓子を付けるなどして、かわいく仕上げたものが喜ばれます。文章構成などは気にせずに、伝えたい言葉は他の文字に比べて大きく書くことも大切です。前置きも長く書かずに思いついた言葉を書き連ねます。文章でいかに自分らしさを伝えるかが重要であり、文章を読んでいるとその人が喋っているように感じる文章を目指します。実際に本人が読んでいるようなイメージを沸かせられれば良い文章が出来たということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>