何かの返事は手書きな気はするな

返事を書く場合、色々な手段があります。メールやラインもありますが、手紙で書くという人も多いでしょう。しかし、手書きで書くのか、パソコンなどで入力して印刷するのか、どちらにしようかと悩んでしまうことがあるはずです。
返事として手紙を書く場合は、出来るだけ手書きで書くようにしましょう。その方が丁寧な対応であるように見えるためです。印刷された文字で返されると、相手は冷たく対応されたように受け取ることが多いです。どれだけ美しい文字であっても印刷されたものと、手書きのものでは、伝わってくるものが全く違います。気持ちをつたえることがしたい場合は、手で書くようにしましょう。
その場合は、まず、鉛筆では書かないようにします。鉛筆で書くと、いい加減な感じに見えてしまいますし、マナーとしてよくありません。万年筆やボールベンなどで書くようにします。また、インクの色は黒が基本です。赤や蛍光など、派手なものは使わないようにします。赤で相手の名前を書くのは墓に名前を刻むことにつながるためNGですので、注意するようにしましょう。
紙は便箋を使うようにします。レポート用紙などに書いたりするのは、NGですので注意するようにします。印刷の場合は印刷用紙になってしまいますが、便箋はきちんと選ぶようにしましょう。ビジネスの場面の手紙であれば、ビジネス用のものを選びますし、プライベートの手紙であれば、相手との関係にあわせて選ぶようにします。目上の人が相手であれば、無地に罫線が入っているものが基本です。キャラクターものなどは避けましょう。友人などであれば、キャラクターものなどで書いてもよいです。宛名を書く時も注意するようにしましょう。名前や住所を間違えないことは当然ですが、敬称を忘れないようにします。これは、友人であってもつけます。
このように、返事の手紙は手書きである方が、気持ちがつたわりますし、とても良いものです。きちんと手で書いて、気持ちを伝えるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>