印刷された文字と手書き文字での差は

最近、もらったらうれしいものとして「手紙」があります。パソコンや携帯電話、スマートフォンの普及で、手書きで文字を書くことが少なくなった今、肉筆の手紙やハガキを受け取ることは本当にまれです。唯一紙で受け取るのは年賀状くらいですが、これもメールに取って代わられて枚数も少なくなり、挨拶文もイラストや写真と一緒に最初から印刷されており手書きメッセージがたまに添えられているかどうか、という程度です。そんななかで手書の文字があると感じるのが人のぬくもり、でしょうか。人が書く文字にはひとそれぞれの個性があり、ああ学生時代によくノートで見た字だな、と懐かしさを呼び起こしてくれるものでもあります。また日頃のやりとりがメールだけの人でもたまに手書のものを見ると意外に美しい書体だったり、また逆におおらかな書体だったりして新しい発見があるものです。年配の方はパソコンに慣れていないことも多いでしょうから、肉筆でのやりとりが多いように感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>